高活協メールマガジン発行のご案内

コメント

「高活協JCASCAメールマガジン 2017/9/30号発行の案内」が発行されましたのでお知らせします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆ 一般社団法人 高齢者活躍支援協議会 ◆◆◆◆
Japanese Council for Assisting SeniorCitizens Activities
高活協JCASCAメールマガジン 2017/9/30号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━┓
 目 次  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━┛

■第8回シンポジウムのお知らせ

■高活協からのお知らせ/理事長・副理事長会議の報告

■コーナー「書籍紹介」

〇『ヘロヘロ』―雑誌「ヨレヨレ」と「宅老所よりあい」の人々
 鹿子 裕文/著 ナナロク社/発行

〇『就労支援で高齢者の社会的孤立を防ぐ
  ――社会参加の促進とQOLの向上』
 藤原佳典・南 潮/編著/ミネルヴァ書房/発行

■関連News&Topics

<イベント情報>

◇実践型地域雇用創造事業シンポジウムを開催します
〜「探しだそう!地域の宝。 〜飽くなきチャレンジが雇用を
生み出す〜」をテーマに10月12日、東京国際交流館で開催〜
(厚生労働省)

今回のシンポジウムでは、「実践型地域雇用創造事業」を構想中の
地域や実施している地域における効果的な事業展開を目的に、
地域の資源やアイデアを生かした先進的な取組事例の紹介や有識者
からの基調講演、パネルディスカッションなどを行います。

【シンポジウム概要】
 日 時:平成29年10月12日(木) 13:00〜17:00(開場12:00)
 場 所:東京国際交流館 国際交流会議場(東京都江東区青海2-2-1)
 参加費:無料
 定 員:300名程度
 申込み方法 : シンポジウム専用ホームページの申込みフォームに
必要事項を入力するか、 ファックスにて必要事項をお送りください。
(10月5日(木)申込締切)
 [ ホームページ] http://chiikikoyo.jp[ FAX] 03(5925)2703

◇東京都の地域居住支援モデル事業・第2回研修会

〇日時:11月17日(金) 14:30〜16:45
〇会場:東京都生活協同組合連合会 会議室
   東京都中野区中央5-14-18 3F
〇内容:?「ナースと暮らすシェアハウス“ナースさくまの家”」   
    (三鷹市)の活動紹介  報告者:佐久間 洋子 
   ?くらし安心サポートサービス“くらさぽ”の紹介
    報告者:鷲尾 公子
〇定員:50名(先着順)

<高齢者就業・関連情報>

◇エルダー 2017年9月号

<特集>シニア社員がイキイキするマネジメント
<総論>
 シニア社員を活性化させるには?
 インタビュー 株式会社ジェイフィール 取締役 コンサルタント 片岡裕司氏
<企業事例?>
 テルモ株式会社
 役職定年を廃止し、更新制を導入 信賞必罰の評価でシニア社員を活性化
<解説1>
 中小企業におけるシニア社員を活性化させる3つの視点
 社会保険労務士 川越雄一氏
<解説2>
 「表彰制度」による従業員のモチベーション向上に向けた取組み
 株式会社アール・ティー・エフ代表取締役 HRM プランナー 福田敦之氏

<企業事例?>
 株式会社ベル
 「表彰」という形で感謝の意思を伝えることで 働く人が成長し好循環が生まれる

〇高齢者に聞く 生涯現役で働くとは 第41回
株式会社日本プレハブ冷熱 事業部長
大崎一実さん(69歳)
〇生涯現役を実現するためのキャリア開発支援《第5回》
高齢・障害・求職者雇用支援機構 雇用推進・研究部長 浅野浩美氏
〇人生のベテランだからできる起業入門[第5回]
銀座セカンドライフ株式会社 代表取締役 片桐実央氏

◇統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)
〜「敬老の日」にちなんで(総務省統計局)

〇高齢者の人口 (人口推計)
・人口が21万人減少する一方、高齢者は57万人増加
・総人口に占める高齢者人口の割合は27.7%と、過去最高
・90歳以上人口が初めて200万人を超える
・日本の高齢者人口の割合は、世界で最高

〇高齢者の就業 (労働力調査)
・高齢者の就業者数は、13年連続で増加し、770万人と過去最多
・就業者総数に占める高齢者の割合は、11.9%と過去最高
・高齢雇用者の4人に3人は、非正規の職員・従業員
・高齢者の非正規の職員・従業員は、10年間で約2.5倍に増加
・非正規の職員・従業員についた主な理由は、
男女とも「自分の都合のよい時間に働きたいから」が最多
日本の高齢者の就業率は、主要国で最高

◇?敬老の日?に想う−?人生100年時代?生き抜くのは、大変だ!
(ニッセイ基礎研究所)

毎年、総務省統計局が?敬老の日?を迎えるに当たって『統計から
みた我が国の高齢者(65歳以上)』という資料を公表している。
(中略)
年金財源が制限される中、今後一層長く働き続けることが不可欠だが、
長くなる職業生活には新たな職業スキルが必要となり、人生という階段
の“踊り場”で学び直すリカレント教育の重要性が高まるだろう。

◇アートから高齢社会と向き合う−英国エンテレキー・アーツの試み
(ニッセイ基礎研究所)

今年1月、英国を訪問した際に、ロンドン南東部のデプトフォート地域で
「Meet Me at the Albany(オルバニーで会いましょう)」という活動を
視察させていただいた。

これは、エンテレキー・アーツという芸術団体とオルバニー・アートセンター
が毎週火曜日に開催しているもので、60歳以上の高齢者なら誰でも、
絵画や音楽、ダンスなどに自由に参加できるプログラムだ。
時にはジャズを楽しんだり、サーカスのワークショップを体験したり、
あるいはトップレベルの詩人とともに詩の創作に取り組んだりすることもある。

◇平成29年度「高年齢者雇用開発コンテスト」の入賞企業が決定
〜厚生労働大臣表彰最優秀賞・株式会社きむら(香川県高松市)はじめ
入賞企業を10月4日(水)に表彰〜(厚生労働省)

このコンテストは、高年齢者雇用の重要性について、国民や企業などの
理解促進と、高年齢者に意欲と能力がある限り働き続けられる職場づくり
のアイデア普及を目的としており、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用
支援機構との共催で毎年開催しています。 


1 高年齢者雇用開発コンテストの審査結果の概要
(1)応募総数    124編
(2)入賞企業
 ア 厚生労働大臣表彰
   ・最優秀賞  1社  株式会社きむら(香川県高松市)
   ・優秀賞   2社  七欧通信興業株式会社(東京都荒川区)
              株式会社平和タクシー(宮崎県宮崎市)
   ・特別賞   3社   一般財団法人市川市福祉公社(千葉県市川市)
              株式会社お佛壇のやまき(静岡県静岡市)
              株式会社ウエスト神姫(兵庫県相生市)
 イ 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構理事長表彰
   ・優秀賞     6社     ・特別賞     18社

下記URLにアクセスし、メールマガジン本文をご覧ください。

http://jcasca.org/modules/melma/

————————————————
高活協公式サイト http://www.jcasca.org
管理人      info@jcasca.org
————————————————

コメントする

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS