高活協メールマガジン発行のご案内

コメント

「高活協JCASCAメールマガジン 2016/7/1号」が発行されましたのでお知らせします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆ 一般社団法人 高齢者活躍支援協議会 ◆◆◆◆
Japanese Council for Assisting SeniorCitizens Activities
高活協JCASCAメールマガジン 2016/7/1号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━━━━┓
 目 次  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━┛
 (お詫び)PC不調のため発行が遅れたことをお詫びいたします。
■高活協からのお知らせ・理事会・各部会の報告

◇第12回高活ビズ起業塾「100歳まで働ける環境つくり・
コミュニティつくり(BABAラボ)」開催のお知らせ

◇第1回理事長・副理事長会議の報告

◇第1部会(4月)の報告

■コーナー「しなやかに老後を生きる」
 ○長い老後は、「気負わない、頼らない、退かない」
  
■関連News&Topics

<セミナー開催のお知らせ>
◇平成28年度「高齢社会フォーラム in 東京」開催のお知らせ
<開催概要>
★日時 平成28年7月20日(水) 10:00〜15:30 (9:30開場)
★会場 イイノカンファレンスセンター(定員:200名)
★東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4階 
(東京メトロ 霞ヶ関駅より徒歩1分)
※参加費無料、事前申込制
★主催:内閣府 後援:文部科学省、厚生労働省 
協力:高齢社会NGO連携協議会(高連協)

★テーマ『多世代が共に輝く地域を創る』
★基調講演「錆びない高齢者で輝く地域」
坂東眞理子(昭和女子大学理事長)

◇「丸の内で学び、地域で輝く」をテーマに、
7月から丸の内プラチナ大学2016年が開講されます。

本講座では、座学での理論構築とケーススタディ、
さらに現地でのフィールドワークを体験します。
身近で具体的な地域課題を通じて、課題の解決力や
新たなアイデアを創出するプロセスを身につけます。

例えば、ヨソモノ街おこしコース(7月13日(水)スタート)
では、プチ移住、二地域居住、日本版CCRCを含めて良い意味
でのヨソモノが活躍する地方創生に取組む岩手県八幡平市、
神奈川県三浦市、鹿児島県徳之島伊仙町をケーススタディ
とします。

<高齢者就業・関連情報>
◇エルダー2016年6月号
(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構)

<特集>高齢労働者の安全衛生管理
◆解説:高年齢労働者が安全で健康に働くためのポイント
一般社団法人日本労働安全衛生コンサルタント会

〔企業事例1〕従業員の高齢化の進展を視野に入れ
独自の転倒災害防止対策を構築
 味の素株式会社 川崎事業所
〔企業事例2〕社員の健康リスクを適切に評価し
心疾患や脳血管疾患の発症を未然に防ぐ
 マツダ株式会社 安全健康防災推進部 健康推進センター
◆高齢者に聞く 生涯現役で働くとは 第26回
株式会社マイスター60 営業開発部長 松井武彦さん(76歳)

◇平成28年10月からスタートする厚生年金保険・健康保険の
適用拡大についての専用ページが開設(厚生労働省)

 同ページ内では社会保険加入のメリットなどについて説明するほか、
短時間労働者の方向けのわかりやすいチラシも公開しています。

◇「60代後半層の雇用確保には、健康確保の取組みが必要」
(高年齢者の雇用に関する調査(企業調査))
(独立行政法人労働政策研究・研修機構)

<調査結果のポイント>
◆60代前半層(60 歳以上 64 歳以下)の継続雇用の雇用形態は
嘱託・契約社員が6割
◆8割の企業で、定年前後で仕事の内容は変わらないと回答
◆6割弱の企業が、定年後の高年齢者も、評価制度に基づき賃金を
決めることに肯定的
◆65歳以降の高年齢者が就いている仕事は、専門・技術的な仕事や
管理的な仕事の割合が高い
◆66歳時点の賃金水準は、65歳直前の賃金水準に比べて
13ポイント低下する
◆60代後半層(65 歳以上 69 歳以下)の雇用には、
健康確保の取組みが必要

○平成27年度 第8回高齢者の生活と意識に関する
国際比較調査結果(内閣府)

<調査の目的>
平成 27 年度において、高齢化問題基礎調査として、日本の高齢者と
諸外国の高齢者の生活意識を把握するため、第8回「高齢者の生活と
意識に関する国際比較調査」を実施した。

◆調査対象国 :日本 、アメリカ 、ドイツ 、スウェーデン
◆調査対象者 :60 歳以上の男女個人(施設入所者は除く。)

○障がい者雇用・就職件数が7年連続で過去最高更新
(独立行政法人労働政策研究・研修機構)

厚生労働省は5月27日、平成27 (2015)年度の障害者の職業紹介
状況を取りまとめて公表した。それによると、全国のハローワーク
を通じた障がい者の就職件数は、平成26(2014)年度の8万4,602件
から大きく伸び、対前年度比6.6%増の9万191件とな り、
7年連続で過去最高を更新した。
特に「精神障害者」の就職件数は大幅に増加した。

下記URLにアクセスし、メールマガジン本文をご覧ください。

http://jcasca.org/modules/melma/

————————————————
高活協公式サイト http://www.jcasca.org
管理人      info@jcasca.org
————————————————

コメントする

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS