高齢者活躍支援協議会メルマガ2013年2月28日 号

コメント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆ 一般社団法人 高齢者活躍支援協議会 ◆◆◆◆
Japanese Council for Assisting Senior Citizens Activities

高活協JCASCAメールマガジン 2013/2/28号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ読者様

平素より、当協議会に対しご理解ご支援を賜り有難うございます。
高活協メールマガジンをお届けします。

高活協メルマガのバックナンバーは下記サイトでご覧いただけます。

http://jcasca.tc-platform.com/

┏━━━━┓
 目 次  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━┛
■高活協よりのお知らせ
  シンポジウム開催報告
  高活ビズ起業塾第4回開催のお知らせ
■高活協会員報告
  (株)高齢社 上田会長がJapan Venture Awards2013特別賞を受賞  
■コーナー「しなやかに老後を生きる」
■関連News&Topics

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■高活協よりのお知らせ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━

●高活協等主催の高齢者の就業と起業を考えるシンポジウムのご報告

2月14日、(社)高齢者活躍支援協議会とシニアセカンドキャリア推進協
会主催の高齢者の就業と起業を考えるシンポジウム「高活ビズ”ナノコ
ーポ”のすすめ」が東京田町・女性就業支援センターで開催されました。
当日は約230人が参加、高齢者に関心の高いテーマであることがうかが
えました。
今回のシンポジウムは、高活協が「1人でも多くの高齢者に働く場と生
きがいを提供したい」という想いで始めた、高齢者による高齢者のための
小規模ビジネス・高活ビズ起業塾を広めたいというのが狙いです。

第1部では、我が国のシニアビジネス分野のパイオニアでもある村田裕
之先生による「ナノコーポ・退職後を生き生きと過ごすための半働半遊の
すすめ」の基調講演がありました。
村田先生は、「キャリアを活かし、自分のやりたいことを仕事にして、他人
に雇われずに、収入を得ながら働き続ける」ナノコーポのメリットや、ナノ
コーポでうまくいくための「10の心得」などを身振り手振りを交え、時折笑
いを誘いながら約1時間を講演。ナノコーポの事例として、徳島県上勝町
で高齢者が活躍する「葉っぱビジネス」、信州長野・小川村の高齢者・地
元商材活用のおやき事業、クラブツーリズムが展開している顧客が会員
誌「旅の友」の配送スタッフになる「エコースタッフ」など、実際に高齢者
が活き活きと、生きがいをもって働いている姿も紹介していただきました。

第2部では、実際にナノコーポを実践されている4人のパネラーに登場い
ただき、日ごろの活動内容を発表してもらいました。

◇中小企業のHPの構築やパソコンのトラブルの出張修理などのITサポ
ートを行っている(有)ブリッジの古橋俊夫さん:
会社を早期退職後、2度の起業設立失敗にもかかわらず、得意なITスキ
ルを活かして、零細企業やNPO団体のHP構築などの相談役として活躍
されていること。世話好きの性格からか、いくつものNPO法人の役員も
引き受けているなどの話がありました。

◇愛犬の散歩代行や犬のしつけ、ペットシッターなどを行っている
(株)JTLの古田弘二さん:
早期退職後、たまたま犬の散歩仲間から犬のしつけを頼まれ、営業的に
はかなり苦労したようですが、犬好きと研究熱心さもあって、いまでは
「愛犬のお散歩屋さん」をチェーン展開するまでになった。中には、
月数十万円の収入を稼いでいる人も。今でも勉強意欲は旺盛で、
獣医関係の大学に通っているとのことでした。

◇病気などで美容院へ行けない高齢者の方への出張美容サービスを行
っている訪問美容「と和」の小池由貴子さん:
美容院へ行けなかったおばあさんの一言がきっかけで、美容師と福祉美
容師の資格を取得し、高齢者の施設や個人宅に訪問美容している様子
などを報告してもらいました。採算的には、楽ではないようですが、
「利用者さんの笑顔がある限り、続けて行きたい」と語っていました。

◇品川区の中延商店街で、高齢者の家事代行やトイレの修理など
「街のお助け隊コンシェルジェ」代表の青木弘道さん:
リタイア後、何か社会の役に立ちたいと地域の商店街をベースに、商店
街から半径700メートル以内にいる約9,000人のお年寄りと、その中で得
意分野のスキルをもった高齢者を結び付け、「お助け隊」という組織を編
成したとのこと。マーケティングが素晴らしいですね。青木さんは、「今後
の高齢社会を考えれば、お役所に頼るのではなく、街ぐるみでお年寄りを
支えるお助け隊的な仕組み作りが必要だと思います」と語っていました。

 4人のパネラーには、スクリーンにパワーポイントの画面を投影しながら
活動内容を発表してもらいました。短い時間にもかかわらず、本音のトー
クや時折ユーモアを交えての話に会場が大きな笑いに包まれるなど、終
始なごやかな雰囲気ですすめられました。                  
                      (柳沼)

●雇われない働き方「ナノコーポのすすめ」・高活ビズ起業塾のご案内

 高活協では、高齢者が活躍する、または高齢者を活用するビジネスの
担い手を発掘、育成を目的にした高活ビズ起業塾を開講しています。
 高活ビズでは、すでにシニア派遣、営業代行、生活支援などを切り口
に起業されている人々を招き、具体的なお仕事の話をしていただいてい
ます。その実践的なノウハウを活用して、実際の起業に挑戦する人を養
成し、その活動を支援していこうというのが狙いです。

       ◇第4回 「高活ビズ起業塾」◇
 〇第4回セミナー(シニア支援ビズ・終活ビズ・派遣ビズ)   
  ・平成25年4月6日(土) 13:00〜17:00
 〇講師 講師は3人を予定

◇シニアの講師デビューを支援する
NPO法人シニア大樂副理事長 藤井敬三氏
シニアが相互に、楽しく交流し合える場、学習できる場、生きがいを
見つけ活動が出来る場の提供として、登録シニア講師の派遣、講師の話
し方講習会、ユーモアスピーチの会、素人芸人たちの演芸団「演多亭」
の自主公演などを行っている。

◇キャリアカウンセラーと葬儀コンサルタントの
株式会社ピアーネットワーク代表 柴田 徇也氏
キャリア・コンサルタントで「人生の過ごし方」〜。
お葬式で「人生のしまい方」…人生に関わる仕事をしています。
ローリスク〜ローリターン〜一人ビジネス、身の丈ビジネスを実践。

◇シニアの人材紹介業で起業した
キャリア・ネットワーク株式会社 会長 岡田之俊 氏
   ”人と組織”のベストマッチングを通して、人材、組織、社会の活性化
に貢献することを企業理念に”専門能力”の高い”ゴールドカラー人材”を
中心に紹介活動。コンサルタントの平均年齢は63歳、最年長は75歳。現
在、60歳から67歳程度のシニア層の人材コンサルタントを募集中。起業
型で3ヶ月の勤務経験後在宅独立も可能。

 *都合により講師を変更する場合があります。
 〇場所 東京都港区芝5−35−3女性就業支援センター(JR田町駅徒歩3分)
 〇受講料 2,500円
 〇定員  35名(定員になり次第締め切り)
 〇お申込み・お問合せ先 Tel 03-3256-7521  FAX 03-5295-3855 
   (一般社団法人)高齢者活躍支援協議会  セミナー事務局 仁木

  

■高活協会員報告 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●(株)高齢社
 上田会長がJapan Venture Awards 2013特別賞を受賞

2月20日、独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)が主催し
「高い志を持ち、自立する中小企業等の経営者等を表彰する」標記
イベントにおいて当協議会の理事長でもある上田研二会長が
「高齢者雇用支援特別賞」を受賞しました。
詳しくは

http://j-venture.smrj.go.jp/2013/award/List.html

※会員あるいは読者の方で、このメルマガで配信して欲しい案内等
がありましたら、事務局<info@jcasca.org>までご連絡下さい。

■コーナー「しなやかに老後を生きる」■■■━━━━━━━━━━━

●第14回
 「基礎控除が4割減に!相続税の改正が2015年1月からスタート」

 以前にこのコーナーの「意外に気が付かない相続のリスクとは」でも一
部触れたことのある相続税の改正がいよいよ2015年1月から始まります。

 すでに昨年から新聞や雑誌、テレビなどが特集を組んだり、信託銀行
などの金融機関が相次いで「相続セミナー」を開催しているので、お気づ
きの人も多いと思います。これまでは、一般の家庭には相続税が関係す
るケースは少なかったのですが、今回の改正で主に都市部に住んでい
る一般家庭でも、相続税を心配しなければいけないケースが出てきそうです。

 今回の平成25年度税制改正案のうち、相続税・贈与税関係の主な改正
点を整理すると、
1)遺産に係る基礎控除額が現行の6割に減額「3,000万円+600万円×
法定相続人の数」
2)小規模宅地等の評価減の特例:特定居住用地の面積が
240平方メートル⇒330平方メートルに
3)相続時精算課税制度の親の年齢要件が65歳⇒60歳に
4)祖父母から孫への教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置
の創設
5)相続税、贈与税の最高税率をアップ

 このうち、一般家庭の人が大きな影響を受けそうなのが、遺産に係る基
礎控除額の減額です。従来は、相続税には基礎控除が認められ、相続
人が母親と子ども2人なら、「5,000万円+1,000万円×3人=8,000万円」
まで相続税はゼロ。さらに、自宅の土地や生命保険金などにも軽減措置
があり、相続税を払う人は100人に4人程度でした。政府は今回の改正で
、相続税を払う人を100人に6人程度にしようと考えているようです。

 ところが、私がこれまで多くの人の相談を受けてきた実感からすると、
特に東京などの都市部に自宅がある人のうち、10人に2人以上は相続税
がかかるのではないかと思います。23区以内ですと、4人に1人が相続税
の対象になるという人もいます。これからは、一般家庭の人にも相続税
がかかる時代になるのではないかと危惧をしています。

だからと言って安易な相続税対策は、かえって家族の問題を複雑にする
可能性がありますので留意してください。
 代表的な相続税対策には、(1)生前贈与をして財産を減らす、
(2)相続税で認められる生命保険の非課税措置などの特例を活用する、
(3)アパートなどを建てて土地などの財産評価を下げたり、借金を増やして
相続財産を減らす、などがあります。

確かに、相続税だけに焦点を当てて対策するなら、いずれも有効かもし
れません。ただし、無理をして生前贈与をしたり、同居で特例を活用しよう
としたケースで、あとで想定外のことが起こり、家庭が崩壊をしてしまった
ケースもあります。
お金だけではなくて、今後の配偶者の生活設計や見通しなどをきちんと
話をしたうえで、家族にとって”幸せになる”遺産相続対策を考えるように
したいものです。                    (Y)

■関連News&Topics■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●生活を支える地域医療 「超高齢社会のまちづくり」
   次世代郊外まちづくりプロジェクト たまぷら大学

http://jisedaikogai.jp/report/09/

●シニア世代の住み替えで農業、エネルギー産業の振興を – 松村徹
                   ニッセイ基礎研究所

http://blogos.com/article/57060/

●特集:「2013年 雇用労働市場 改正労働者派遣法のポイントと影響」 – アデコ

http://www.adecco.co.jp/vistas/adeccos_eye/30/index02.html

●高齢者の雇用管理と活用(PDF/300KB) – みずほ総合研究所

http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/sl_info/view_point/pdf/sodan130212.pdf

●住まいナビ:高齢者向け住宅に住み替える時は?− 毎日jp(毎日新聞)

http://mainichi.jp/feature/news/20130214ddm013100018000c.html

●「モノ消費」から「コト消費」へ 変化するシニア市場を攻略する3つの”C.
                         三菱総合研究所

http://diamond.jp/articles/-/31847

●派遣法再改正の動きを追う – リクルートエージェント

http://www.r-agent.co.jp/kyujin/knowhow/tatsujin/20130207.html

●「高齢者はIT苦手」はウソ  ネットが老後を充実
                 東京大学大学院情報学環

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0402Y_U3A200C1000000/

●超高齢社会と食品産業 | AGING Web

http://www.nikkeibp.co.jp/aging/article/spinterview/20130206/01/03.html

●”終の棲家探し”に悩む人々が急増中 「サービス付き」が盛り上がる
                  ダイヤモンドオンライン

http://diamond.jp/articles/-/31576

●高齢者雇用政策の展望〜生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて
                    ニッセイ基礎研究所

http://www.nli-research.co.jp/report/nlri_report/2012/report130131.html

■━━━ 高活協事務局<連絡先:info@jcasca.org> ━━━━■

本メルマガは、高齢者活躍支援協議会(JCASCA)の会員、及び会員
の方から配信のご紹介を頂いた方々、高活協として名刺を交換させ
て頂いた方々、さらには高活協宛に配信のご希望を頂いた方々等に
お送りしています。
配信先メールアドレスの変更をご希望の方、また配信が不要な方は
事務局宛<info@jcasca.org>にご連絡ください。

本メルマガに対するご意見・感想をお寄せください。

また、本メルマガに掲載して欲しい情報等のご要望がありましたら
遠慮なくご連絡ください。

本協議会のホームページ :http://www.jcasca.org/
本協議会のブログサイト :http://blog.livedoor.jp/jcasca/
本協議会のメルマガサイト:http://jcasca.tc-platform.com/

(編集:高活協事務局 大沢)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2013 高齢者活躍支援協議会 All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントする

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS