高齢者活躍支援協議会メルマガ2013年1月31日 号

コメント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆ 一般社団法人 高齢者活躍支援協議会 ◆◆◆◆
Japanese Council for Assisting Senior Citizens Activities

高活協JCASCAメールマガジン 2013/1/31号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ読者様

平素より、当協議会に対しご理解ご支援を賜り有難うございます。
高活協メールマガジンをお届けします。

高活協メルマガのバックナンバーは下記サイトでご覧いただけます。

http://jcasca.tc-platform.com/

┏━━━━┓
 目 次  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━┛
■高活協よりのお知らせ
高活ビズ起業塾第3回開催
  シンポジウム開催のご案内
■高活協会員報告
  他団体シンポジウムのご案内  
■コーナー「しなやかに老後を生きる」
■関連News&Topics

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■高活協よりのお知らせ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━

●1月22日、当協議会主催の講座「ナノ・コーポのすすめ」第3回(全3回)が
  開催されました

  当日の内容等は下記「しなやかに老後を生きる」コーナーをご覧下さい。

●シンポジウム開催のお知らせ

   テーマ  高齢者の就業と企業を考える〜
         「高活ビズ ”ナノコーポ”のすすめ」

    急速に進む超高齢社会において、一人でも多くの高齢者に対し
   「働く場」と「生きがい」を提供するための就労に関するシンポジウムも
   第4回を迎えることになりました。私たちは、リスクの小さな小規模
   ビジネスである”ナノコーポ”という新たな視点での高齢者の起業と
   いう働き方とビジネスモデルを提案いたします。

   上記テーマのシンポジウムを本年度は下記日程で開催致します。
   
    

 日 時  2013年2月14日(木)13:30〜16:30
   場 所  女性就業支援センター 4Fホール
         東京都港区芝5-35-3 JR田町駅徒歩3分
   
近著「シニアシフトの衝撃」で話題の村田裕之氏による基調講演と
   高活ビズ起業塾講師によるパネルディスカッションを予定しています。 

   参加費  500円(当日会場にてお支払)
   定 員  250名(定員になり次第締め切り)

  案内チラシ・申込書は当協議会ホームページ(トップページまたは
 「各種ご案内」の「セミナー・シンポジウム」)からもご覧になれます。
   ホームページ    
   http://www.jcasca.org/   
   ご案内チラシ・申込書
   http://www.jcasca.org/pdf/nanocorp201302.pdf   

■高活協会員報告 ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●シンポジウム開催のご案内
本メールマガジンの読者でいらっしゃる
「NPO法人さいたまシニアライフアドバイザーの会」近藤様よりご案内です。

  シンポジウム
 「在宅、最期まで一人暮らしを実現する方法」

 ・基調講演
 ”住民ボランティアによる見守りと看取り士による看取り”
        一般社団法人なごみの里 柴田久美子代表
 ・パネルディスカッション
“在宅、最期まで一人暮らしを実現する方法”
        パネラー:柴田久美子(基調講演者)
             鈴木直美 (在宅看護関係者)
             菊地東吾 (市民パネラー)
             近藤康男 (主催者、兼司会)

  日時:3月30日(土)13:30〜16:30
              (開場13:00)
  場所:サニー貸会議室401会場
  (JR神田駅西口2分サニー南神田ビル4階)
  定員:30名(無料)
  申し込み;氏名、性別、年代、連絡先を主催者まで。
  チラシhttp://www7a.biglobe.ne.jp/~mot-saitama/hitori.pdf
  主催:NPO法人さいたまシニアライフアドバイザーの会
    Mail sla-zaitaku@memoad.jp
    Url  http://saitama-sla.at.webry.info/
  (本シンポジウムは「財団法人フランスベッド・メディカルホームケア
   研究・助成財団平成24年度研究助成」によっています。)

※会員あるいは読者の方で、このメルマガで配信して欲しい案内等
がありましたら、事務局<info@jcasca.org>までご連絡下さい。

■コーナー「しなやかに老後を生きる」■■■━━━━━━━━━━━

●第13回
   「高活協主催の第3回「ナノ・コーポのすすめ」講座が開催されました」
                              
高齢者による高齢者のための小規模ビジネス・高活ビズ起業塾の第3回「ナノ・
コーポのすすめ」が1月22日、東京港区の女性就業支援センターで開催されま
した。参加者は約20人。今回は、中小企業のIT支援サポートの(有)ブリッジの
古橋俊夫さん、いびき、若返りなどの社会貢献活動支援ビジネス・コンサルタン
トの(株)トータルプロジェクト・オフィスの伊藤康子さん、家事代行サービス事業
を行う(株)高齢社の仁木賢さんにお話をしてもらいました。

◆経験を活かして中小企業やシニア世代のIT支援サポート
 古橋さん(64歳)は、30年勤務したIT関連企業の早期退職制度を利用して独立
。2つのベンチャー企業を立ち上げるが失敗。その後、ソフトウエア会社等の勤
務を経験して9年前に有限会社ブリッジを設立、携帯電話網を使った遠隔監視
システムの販売のほか、中小企業のHP制作やシニアパソコン支援などのIT化
支援サポートなどを行っています。また世話好きの性格から、NPO法人スマー
トコンシェルジュセンター副理事長など、計5つのNPO法人の理事や監事など
も務めています。
 独立後の最初の事業は、農業用ハウス設置遠隔監視ソリューション販売。た
だ、最初は苦戦の連続だったようです。農家の人は「いいものだからといって、
ほかの農家には情報を教えない」、また農家向け製品の販売代理店の特殊性
などの問題もあってほとんど売れなかった。数年後、たまたま無線帯域の再割
り当てが契機になりやっと売れるようになった。それでも1セット4万円のものを1
0年間で300セットを販売するようなスロー計画を前提にせざるを得ないといいま
す。
 現在は、「HPにお金をかけたくない」、「イベントやキャンペーン情報を自分でタ
イムリーに発信したい」という中小企業向けに、(1)初期投資とランニング費用が
小さく、(2)高機能のHP構築が可能、(3)検索ソフトで上位にランクをさせる検
索エンジン最適化(SEO対策)の対策を専門の業者に依頼せずに済む、などの
メリットのある「コンテンツ・マネージメント・システム」の導入やITサポートなどを
中心に活動をしています。
 古橋さんは、「この事業はたぶん、私一人のビジネスなので成立しているので
しょう。大きな収益は期待できないが、これまでの経験が活かせて、しかも中小
企業などの経営者やパソコンの知識が少ないシニア世代の役に立つことが実
感できるので満足しています」と話をしていました。

◆健康の輪を広げることに貢献したい
 もともと専業主婦だった伊藤さん(62歳)は、自分の薬害経験や夫の病気など
をきっかけに、「健康の輪を広げることに貢献したい」と、いびき、睡眠時無呼吸
症候群予防や声に効果のある、認知症予防の各種サプリメントを販売する社会
貢献活動支援ビジネス・コンサルタントをはじめたといいます。 
伊藤さんは、これまでブナの植林プロジェクト、音楽でつなぐ読み聞かせ事業の
子ども夢基金助成事業のプロデュース、「健康楽々倶楽部」などを主宰、睡眠
時無呼吸症候群に関わったのは11年前から。「日本には睡眠時無呼吸症候群
の人が200万人以上います。そのほとんどは未治療」だといいます。最も多い症
状はいびき、次に多いのは昼間の眠気。無呼吸で深い睡眠がとれないため、治
療を放っておくと、不整脈、脳梗塞、高血圧、糖尿病や動脈硬化などを悪化させ
たり、日中の眠気による交通事故、労働災害など重大な社会問題を引き起こす
可能性があります。
伊藤さんは、NPO睡眠時無呼吸症候群ネットワークを通じて、(社)日本医学協
会と「睡眠についてシリーズ10」を共催したり、厚労省や日本医師会などの後援
を得て、「睡眠時無呼吸症候群の啓発活動」の市民公開講座を行ったりしなが
ら、啓発活動をしています。
 「事業の立ち上げ時は、自分の想いだけでスタートしてしまい大変苦労した」と
いいますが、「自分のためではなく、人の徳のために働ける自分である」ことに感
謝しながら、今後も社会貢献活動支援ビジネスを社会に広めていきたいといい
ます。

◆シニア女性の仕事を広げたい
 高齢者の方々に「働く場」と「生きがい」を提供することを事業理念とする(株)高
齢社が、昨年4月から「家事代行サービス・かじワン」をスタートさせました。今回
は、コミュニティビジネスとしてその事業内容や現状を報告してもらいました。
 「かじワン」は、提供するサービスが”品質ナンバーワン”、幅広い総合的家事
サービスを提供できる”オンリーワン企業”を目指してのネーミング。主なサービ
スは、お掃除・片付けの家事サポート、買い物から食事までの料理サポート、日
常を快適にする介助サポート、送迎や一時保育の子どもさんの世話など。キャ
ッチフレーズは、「1時間1,980円、365日・24時間、あなたの暮らしをお手伝いしま
す」。サービス開始から約10ヶ月ほどですが、登録スタッフはすでに200人を超え、
半数以上が60代、70代のシニア世代、最高年齢はなんと78歳。事業的にはすで
に月商約400万円の実績を残しています。
 この事業を始めた契機は?「シニア女性の派遣事業をぜひ作りたかった」
のが主な理由。「高齢者の派遣事業をするなかで、なかなかシニア女性の派遣
事業が広がらなかった。これからの高齢社会では、シニア女性が増え続けてい
きますが、専業主婦やパート経験が多い女性は公的年金が少ない。年金プラス
5万円程度の収入を確保する道を開きたかった。一方で、介護保険はだんだん
生活援助には使えない厳しい状況。最近は介護離職という言葉も聞くようになっ
た。介護保険の適用外のサービスもあるべきだろう。であれば、リーズナブルな
料金の家事代行とシニア女性の働く場を提供したいという想いでかじワンをはじ
めた」といいます。
 (株)高齢社が想定するビジネスモデルは、「家事代行サービスのスタッフなら
1日2時間、20日程度働けば、月5万円程度の収入が確保できる。事業的には、
自分の住んでいる地区で10件のお客さんと5人のスタッフを集められれば、
月7〜8万円程度の収入が稼げる」「これならシニア女性が自分の得意なものを
提供しながら働けるし、生きがいつくりにもなる。しかも年金+αの収入で自分も
ゆとりと潤いのある暮らしができる」
「当社はノウハウを構築して、それを皆さんに公開してこのパッケージをさらに
広げ社会のお役に立ちたい」と夢を語っていました。
                                  以上
                         (第2部会 柳沼 正秀) 
                 

■関連News&Topics■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●ICT超高齢社会構想会議ワーキンググループ(第2回) – 総務省

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/ict_cho-koureika/02ryutsu02_030

00096.html

●第2回領域シンポジウム  コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン
    独立行政法人 科学技術振興機構 社会技術研究開発センター

http://www.ristex.jp/korei/03event/sympo2/program.html

●シニア層 1割以上が犯罪に遭遇? – goo ニュース

http://news.goo.ne.jp/topstories/life/780/5313ecd067d0969429f22579b6a0525

a.html?fr=RSS

●こだわりツアー シニア層狙え プレミアムチケットや豪華クルーズ (産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130126-00000133-san-bus_all

●”シニアシフト時代”の顧客接点 「対話力」を磨いた企業が勝つ!
        村田裕之の学べるブログ

http://bb.hiroyukimurata.jp/lesson/2899/

●「ICT超高齢社会構想会議」における主な検討項目(案)に関する意見募集
                            総務省 (プレスリリース)

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000057.html

●高齢者の労働意欲、先進7か国で首位   J-CASTニュース

http://www.j-cast.com/2013/01/21162040.html

●三菱総研のニューノーマル消費を読む ダイヤモンド・オンライン

http://diamond.jp/articles/-/30591

●「手本はローリングストーンズだ!シニア起業家よ、突き進め!」
      リチャード・ブランソン       現代ビジネス

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34588

●天皇陛下、高齢者講習受けられる(産経新聞)

http://news.livedoor.com/topics/detail/7308846/

●東大高齢社会総合研究機構 地域・企業とモデル作り :日本経済新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO50435870Z00C13A1TCQ000/

●中日新聞:高齢者の医療 負担の実態をまず語れ:社説(CHUNICHI Web)

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013011002000079.html

●企業と消費者にとってのシニアシフトの意義とは?
           村田裕之の学べるブログ

http://bb.hiroyukimurata.jp/lesson/2821/

●増加中の「サービス付き高齢者向け住宅」とは? [部屋探し・家賃] All About

http://allabout.co.jp/gm/gc/405036/

■━━━ 高活協事務局<連絡先:info@jcasca.org> ━━━━■

本メルマガは、高齢者活躍支援協議会(JCASCA)の会員、及び会員
の方から配信のご紹介を頂いた方々、高活協として名刺を交換させ
て頂いた方々、さらには高活協宛に配信のご希望を頂いた方々等に
お送りしています。
配信先メールアドレスの変更をご希望の方、また配信が不要な方は
事務局宛<info@jcasca.org>にご連絡ください。

本メルマガに対するご意見・感想をお寄せください。

また、本メルマガに掲載して欲しい情報等のご要望がありましたら
遠慮なくご連絡ください。

本協議会のホームページ :http://www.jcasca.org/
本協議会のブログサイト :http://blog.livedoor.jp/jcasca/
本協議会のメルマガサイト:http://jcasca.tc-platform.com/

(編集:高活協事務局 大沢)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2013 高齢者活躍支援協議会 All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントする

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS