高齢者活躍支援協議会メルマガ2012年9月28日 号

コメント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆ 一般社団法人 高齢者活躍支援協議会 ◆◆◆◆
Japanese Council for Assisting Senior Citizens Activities

高活協JCASCAメールマガジン 2012/9/28号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ読者様

平素より、当協議会に対しご理解ご支援を賜り有難うございます。
高活協メールマガジンをお届けします。

高活協メルマガのバックナンバーは下記サイトでご覧いただけます。

http://jcasca.tc-platform.com/

┏━━━━┓
 目 次  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━┛
■高活協よりのお知らせ
高活ビズ起業塾開催
■高活協会員報告
  株式会社高齢社
■コーナー「しなやかに老後を生きる」
■関連News&Topics

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■高活協よりのお知らせ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━

●高活ビス起業塾「ナノ・コーポのすすめ」(全3回)を開催

  当協議会主催の標記セミナーを下記により開催致します。

   対象 これから創業・起業をお考えの皆様
   実際に一人で起業され活躍されている経営者からビジネスモデルを
   提案します。

   第1回(生活支援・充実ビジネス)  平成24年11月 6日(火)
   第2回(出張・出前ビジネス)     平成24年12月11日(火)
   第3回(知識・スキル活用ビジネス)  平成25年 1月22日(火)
   各回とも13:30〜17:00を予定
   場所 東京都港区芝5−35−3 女性就業支援センター
       JR田町駅徒歩3分
   http://www.joseishugyo.go.jp/shisetu/access.html
   受講料 9,000円(3回シリーズ一括)
   定員   35名(定員になり次第締め切り)
   
   お申込み・お問合せ先
     Tel 03-3256-7521  FAX 03-5295-3855 
   高齢者活躍支援協議会  セミナー事務局 仁木

  「高活ビズ」については下記「しなやかに老後を生きる」コーナの
  記事もご参照下さい。

■高活協会員報告 ■■■━━━━━━━

●株式会社高齢社

  高活協理事長で株式会社高齢社代表取締役会長である上田研二が
  さる7月11日に開催された「高齢社会フォーラム・イン東京」(内閣府・
  高齢社会NGO連携協議会共催)にパネリストとして参加しました。
  概要が月刊誌「エルダー」9月号に掲載されています。
  http://www.jeed.or.jp/data/elderly/elder/download/2012_09-15.pdf

「エルダー」を発行する独立行政法人高齢・障害求職者雇用支援機構
  のウェブサイト
  http://www.jeed.or.jp/data/elderly/elderly01.html
 
※会員あるいは読者の方で、このメルマガで配信して欲しい案内等
がありましたら、事務局<info@jcasca.org>までご連絡下さい。

■コーナー「しなやかに老後を生きる」■■■━━━━━━━━━

●第9回 「団塊世代は『高活ビズ』の起業に挑戦しよう」   
      
 政府は今月7日、2001年以来11年ぶりの見直しとなる高齢社会対策大綱を
閣議決定した。その中で特に強調されているのは、「65歳は高齢者か」という問
いかけであり、社会を支える頼もしい高齢者パワーへの期待である。このことは
、今年から高齢者(65歳以上)の仲間入りを始めた団塊世代を意識しているこ
とは明らかである。

 1947年から1949年の3年間に生まれた団塊世代は現在約700万人、その
すべてが2015年までに65歳の年金受給年齢に到達する。さらにその後の2
年間に生まれた広義の団塊世代まで含めると、これから向こう5年間に年金受
給年齢に達する人の数は1千万人を超える。高齢者数もネットで毎年100万人
ずつ増えることになる。先に国会では、「社会保障と税の一体改革」と銘打って
2014年に8%、さらに2015年に10%まで消費税を増税することが決まった
が、これら団塊世代を中心とした年金受給者数の急増に対処する動きと解釈
することができるのではないか。

 高齢社会対策大綱が団塊世代に期待しているのは、これまでのように現役を
引退して余生や老後を生きるといったイメージ、あるいは年金など社会保障に
よって支えられるだけの高齢者像ではない。むしろ何らかの形で仕事に従事し
、社会を積極的に支える高齢者になることを期待している。そして1人でも多く
支える高齢者が増え、これまでの世代間扶養型から全員参加型の社会に移行
することこそ、持続可能な高齢社会を実現する鍵になるという考え方が前面に
出ている。

そこで高齢者が社会を支えるために活躍する、あるいは活躍できる仕事は何か
を考えることが重要になる。収入は多くなくてもよい。高齢者に向いた仕事であ
って、若者など現役世代の雇用機会を奪わないような働き方、あるいはテレワ
ークなど高齢者でも身体的負担をあまり感じないような働き方ができる仕事が
望ましい。そのような仕事を提供するビジネスを、ここでは「高活ビズ」と呼ぶこ
とにする。支える高齢者を増やすためには、今後この「高活ビズ」を開拓・創造
し、その起業を促すことが急務である。

 すでに「高活ビズ」として様々なビジネスが動き始めている。例えば、地域や
社会の課題をビジネスの手法で解決するコミュニティビジネスやソーシャルビ
ジネスと呼ばれるビジネスは、高齢者に向いた仕事を提供できるビジネスとして
注目されている。また現役時代の経験、あるいは人脈やネットワークを活用した
ビジネス、身に付けたスキルや知識を活用したビジネスなど、様々なビジネス
が高齢者に仕事の場を提供していくことになろう。そしてこれから高齢者の仲間
入りをする団塊世代こそが、事業者あるいは働き手として、「高活ビズ」の中心
的な担い手になることを期待されているのではないだろうか。

                           (2012/09/19 JTTA岡本憲之)

        
                      

■関連News&Topics■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●レポート『高齢社会対策大綱の改定と今後の対策視点
  〜急がれる真の「人生90年時代」 への転換』(ニッセイ基礎研究所)

http://www.nli-research.co.jp/report/nlri_report/2012/report120831.html

●平成24年版高齢社会白書(全体版) – 内閣府(2)社会参加活動の促進

http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2012/zenbun/t_2_3_02.html

●新しい高齢社会対策の大綱(平成24年9月7日閣議決定)を公表しました

http://www8.cao.go.jp/kourei/measure/taikou/index-t.html

●若者と高齢者の起業支援で日本社会を活性化せよ(日経BPnet)
起業を目指す若者の背中をポンと押す小口助成制度が来年度予算案に
盛り込まれる ことになった。若者だけでなく高齢者の起業も促し、
日本社会全体を活性化する政策が 求められている。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120911/322681/

●東京新聞:<はたらく>改正「派遣法」 来月施行 労働者保護へ一歩

http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2012091402000171.html

●高齢になっても自立した健康で文化的な生活を … – 経済広報センター

http://www.kkc.or.jp/release/detail.php?page=1&year=2012&id=80

●統計局ホームページ/統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)
 「敬老の日」にちなんで−. 総務省統計局 では、「敬老の日」(9月17日)
 を迎えるに当たって、統計からみた我が国の高齢者のすがたについて
 取りまとめました。
www.stat.go.jp/data/topics/topi630.htm

●労働者派遣法の改正について(改正に関するQ&A) – 厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/haken-shoukai/kaisei/05.html

●超意外…「ハイパーメディアおじいちゃん」のネット利用実態4つ
 マイナビニュース
現代日本の総人口の約3割を占める60歳以上のシニア層のうち、なんと25.3%が
何らかのSNSを利用していることがわかりました。

http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/menjoy/2012/09/4-62.html

■━━━ 高活協事務局<連絡先:info@jcasca.org> ━━━━■

本メルマガは、高齢者活躍支援協議会(JCASCA)の会員、及び会員
の方から配信のご紹介を頂いた方々、高活協として名刺を交換させ
て頂いた方々、さらには高活協宛に配信のご希望を頂いた方々等に
お送りしています。
配信先メールアドレスの変更をご希望の方、また配信が不要な方は
事務局宛<info@jcasca.org>にご連絡ください。

本メルマガに対するご意見・感想をお寄せください。

また、本メルマガに掲載して欲しい情報等のご要望がありましたら
遠慮なくご連絡ください。

本協議会のホームページ :http://www.jcasca.org/
本協議会のブログサイト :http://blog.livedoor.jp/jcasca/
本協議会のメルマガサイト:http://jcasca.tc-platform.com/

(編集:高活協事務局 大沢)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2012 高齢者活躍支援協議会 All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントする

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS