高齢者活躍支援協議会メルマガ2012年7月30日 号

コメント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆ 一般社団法人 高齢者活躍支援協議会 ◆◆◆◆
Japanese Council for Assisting Senior Citizens Activities

高活協JCASCAメールマガジン 2012/7/30号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ読者様

平素より、当協議会に対しご理解ご支援を賜り有難うございます。
高活協メールマガジンをお届けします。

高活協メルマガのバックナンバーは下記サイトでご覧いただけます。

http://jcasca.tc-platform.com/

┏━━━━┓
 目 次  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━┛
■高活協よりのお知らせ
新規会員のご紹介
■高活協会員報告募集
■コーナー「しなやかに老後を生きる」
■関連News&Topics

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■高活協よりのお知らせ■■■━━━━━━━━━━━━━━━━

●このたび次の2社が新規に入会されました。
   
  株式会社 平 山 様 平成24年4月 正会員登録
   
   代表取締役社長 平山善一 様
   本社 東京都港区
   業務内容 製造コンサルティング事業、
   ファクトリーアウトソーシング事業、人材派遣事業、有料職業紹介事業
   http://www.hirayamastaff.co.jp/  
 
 
  株式会社キャリアプランニング 様 平成24年6月 正会員登録
 
   代表取締役社長 槇野 徹 様
   本社 岡山県岡山市
   業務内容 人材派遣事業、人材紹介事業、人材開発事業
   http://www.capla.co.jp/

●作家・倉本聰氏が塾長を務めるNPO法人富良野自然塾より、
自然や環境活動に関心をお持ちの団塊の世代の方々を対象と
した下記研修会のご案内が来ております。

「シニアのための自然・環境研修会参加者募集案内」
  開催日程:2012年9月28日(金)13時〜30日(日)12時
   詳細は下記にアクセスして御覧ください。

http://furano-shizenjuku.com/pdf/senior2012.pdf

■高活協会員報告 ■■■━━━━━━━

※会員あるいは読者の方で、このメルマガで配信して欲しい案内等
がありましたら、事務局<info@jcasca.org>までご連絡下さい。

■コーナー「しなやかに老後を生きる」■■■━━━━━━━━━

第7回 「老後の住み替えが容易に」   

 高齢期の介護は心配だけど、有料老人ホームは大きなお金が必要。
対して特別養護老人ホームなどの公的施設は安価だが、いまは40万人
以上の人が順番を待っている状態で事実上、入居は難しいーと、これまで
老後の住まいの選択は限られていました。しかし、昨年の高齢者住まい法
の改正によって創設されたバリアフリー構造の賃貸住宅の登場で、今後は
老後の住み替えが容易になるかもしれません。

 新しく登場した「サービス付き高齢者向け住宅」は、入居者の安否確認と
生活相談のサービスが義務付けられた民間の賃貸住宅です。しかも、有料
老人ホームのような高額な入居金が不要なうえ、特別養護老人ホームと
違い住まいと介護ケアは個別契約になるため、自宅にいるより安全な機能
性と住まいの自由さを求めることができます。
 
 必要な賃料やサービスですが、首都圏にある1階に介護事業者が入って
いる「サービス付き高齢者向け住宅」は、賃料は月13万円程度(介護サービ
ス料金は別途)。見守りサービスの他に、介護が必要になった入居者には
電話一本でヘルパーが駆けつけるという。最近、この住宅に住み替えをした
独り暮らしのAさん(80歳女性)は、「好きなときに好きなことができる今の
生活は続けたい。ただ唯一の心配が高齢になったときの介護」だった。「普通
の生活を送りながら、プライバシーも守られる。必要になればいつでも介護
が受けられ、しかも賃貸料だけなので、自宅は手放さなくても済む」ことが
気に入ったという。Aさんは、お正月やお盆は孫たちが帰ってくるので、その
時だけは自宅に戻る生活を続けたいと言います。

 「サービス付き高齢者向け住宅」とは、国交省と厚労省が所管する「高齢者
単身・夫婦世帯が安心して居住できる高齢者向けの賃貸住宅」です。すでに
登録開始から10ヶ月で約6万戸が登録されています。また、国は同住宅を
新築、改築する事業者には、税制の優遇措置や補助金を支給するなどバッ
クアップし、今後10年間で60万戸を整備し、介護が必要な高齢者の受け皿
としていく方針です。主な登録条件は、(1)床面積が原則25平方メートル、
バリアフリー、(2)見守り、生活相談サービス付き、(3)前払い家賃の保全措置、
(4)登録事項の情報開示等、(5)行政による指導監督などが条件となっています。

 ただし、現在はまだ制度ができたばかりで、すべての住宅がきちんと整備が
されているわけではありません。常駐職員がいても、ヘルパー資格を持つ人
が1人だったり、十分な介護サービスの提供が難しかったりするところもあり
ます。実際に入居を検討する際は、質の高いサービスが受けられるかどうか
をしっかりと確認する必要がありそうです。

*「サービス付き高齢者向け住宅」の詳しい情報は、各県の建築住宅課または、
一般社団法人サービス付き高齢者向け住宅協会(http://www.kosenchin.jp/)
へ。                            (Y)
             

                           

■関連News&Topics■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●イノベーション生むか?増加するシニア起業:金融資本市場 (大和総研)

http://www.dir.co.jp/souken/research/report/capital-mkt/12072301capital-mkt.html

●(日銀レビュー)最近の高齢者の消費動向について

http://www.boj.or.jp/research/wps_rev/rev_2012/rev12j10.htm/

●逆転の発想とIT活用でつくる「高齢者が若者を支える」未来の高齢社会(ダイヤモンドIT&ビジネス)

http://diamond.jp/articles/-/22020

●タブレットPCとアバターシステムを活用した高齢者向け新情報サービス【安心生活・応援隊】(@PRESS)

http://www.atpress.ne.jp/view/28813

●樋口恵子氏「高齢者(シニア)の社会参加が世の中を変える」を聴講(ProFile)

http://profile.allabout.co.jp/w/c-79430/

●超高齢・人口減少社会の現実と対応 ( nippon.com)

http://www.nippon.com/ja/in-depth/a01001/

●介護ロボットは普及するか(ニッセイ基礎研究所)

http://www.nli-research.co.jp/report/researchers_eye/2012/eye120628-2.html

●「日本は超高齢社会をむかえる準備ができていない!」 (Good Doctor Net)

http://www.nikkeibp.co.jp/article/gdn/20120725/317234/

■━━━ 高活協事務局<連絡先:info@jcasca.org> ━━━━■

本メルマガは、高齢者活躍支援協議会(JCASCA)の会員、及び会員
の方から配信のご紹介を頂いた方々、高活協として名刺を交換させ
て頂いた方々、さらには高活協宛に配信のご希望を頂いた方々等に
お送りしています。
配信先メールアドレスの変更をご希望の方、また配信が不要な方は
事務局宛<info@jcasca.org>にご連絡ください。

本メルマガに対するご意見・感想をお寄せください。

また、本メルマガに掲載して欲しい情報等のご要望がありましたら
遠慮なくご連絡ください。

本協議会のホームページ :http://www.jcasca.org/
本協議会のブログサイト :http://blog.livedoor.jp/jcasca/
本協議会のメルマガサイト:http://jcasca.tc-platform.com/

(編集:高活協事務局 大沢)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2012 高齢者活躍支援協議会 All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントする

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS