高齢者活躍支援協議会メルマガ2012年4月27日 号

コメント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆ 一般社団法人 高齢者活躍支援協議会 ◆◆◆◆
Japanese Council for Assisting Senior Citizens Activities

高活協JCASCAメールマガジン 2012/4/27号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ読者様

平素より、当協議会に対しご理解ご支援を賜り有難うございます。
高活協メールマガジンをお届けします。

高活協メルマガのバックナンバーは下記サイトでご覧いただけます。

http://jcasca.tc-platform.com/

┏━━━━┓
 目 次  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━┛
■高活協よりのお知らせ
■Blogアップのご案内
■コーナー「しなやかに老後を生きる」
■関連News&Topics
■つぶやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■高活協よりのお知らせ□□□━━━━━━━━━━━━━━━━

●4月19日放送(テレビ東京系)の「カンブリア宮殿」に当協議会
副理事長の上田研二高齢者創業者・現会長が取り上げられた。
当協議会理事会での様子も番組最後に瞬間的ながら流れました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/list/list20120419.html)。

※会員あるいは読者の方で、このメルマガで配信して欲しい案内等
がありましたら、事務局<info@jcasca.org>までご連絡下さい。

■Blogアップのご案内□□□━━━━━━━━━━━━━━━━

●2012年3月27日09:00 高活協ブログ「群像シルバーカラー」
に下記記事をアップしました。
高活協 仁木理事兼事務局長:「高齢女性の働く場を創る」

http://blog.livedoor.jp/jcasca/

※本ブログは高活協の理事会、会員、読者及び事務局メンバーのリ
レー執筆で行なっています。会員及び読者の皆様からの投稿をお待
ちしています。
投稿先:高活協事務局(E-mail:info@jcasca.org)

■高活協 第二部会コーナー「しなやかに老後を生きる」━━━━

第4回 意外に気が付かない相続のリスクとは

老後の生活では、死亡や病気、介護保障、長生きのリスクに対する
リスクマネジメントが大切だといわれていますが、意外に気が付か
ないのが相続のリスクです。

相続の問題はお金持ちだけではなく、誰にでも起こり得る問題です。
家庭裁判所に持ち込まれる相続に関する訴訟の3割は相続財産が
1,000万円以下のケースです。5,000万円以下ではなんと7割以上。
相続財産が数百万円程度でも”争族”は起こるんです。

相続のトラブルが増えた背景にはいくつかの要因があります。一番
大きな要因は、戦前と戦後では相続の考え方が大きく変わった点が
挙げられます。戦前は「長子相続」といって家督相続、つまり相続
は家を相続することでした。したがって、家を継ぐ長男に財産を相
続させるのが当たり前でした。

戦後は民法が改正され、子どもには同等の権利が認められる均分相
続に変わりました。親の面倒を看て家を継ぐ長男であれ、借金で親
に迷惑をかけた弟であっても「均分相続」では同等の権利が認めら
れています。大正、昭和初期生まれの親はそんなことは知りません
よね。

2つ目は、相続財産の7割以上は自宅などの不動産です。兄弟姉妹
の場合、親と同居していた長男は、自宅を売るか弟たちに相応のお
金を払わなければなりません。

3つ目は、配偶者の存在が大きく影響するんです。相続財産は基本
的には相続人同士が話し合って決めるものですが、民法では話し合
いがつかない場合を想定して、相続人の相続割合を決めています。
相続人が母親と子ども2人の法定相続割合は、母親が2分の1、子
どもは残りの2分の1を折半します。
 
兄弟同士なら弟が、「兄貴はずっと親を看ていたし、自宅に住んでい
るんだから遺産の配分は兄貴に任せるよ」と言えば収まりますが、
配偶者が入ると「兄弟は平等の権利があるんだから、ちゃんと主張
すべきよ」と横槍がしばしば入ります。こうなると、兄弟同士の泥
仕合になり、最後は家庭裁判所の調停に持ち込まれることになりま
す。

さらにもう一つの相続リスクが追加されようとしています。日本で
は実際に相続税の課税対象になるのは4%前後の人でほとんどの人
は相続税がかかりません。これは、相続税には基礎控除が認められ
ており、相続人が母親と子ども2人なら、「5,000万円+1,000万円
×3人=8,000万円」まで相続税はゼロ。また、自宅の土地や生命保
険金などにも軽減措置があり、これまでは相続税を払う人は少なか
ったんです。
 
ところが、いま政府は「社会保障と税の一体改革」案で、2015年か
ら基礎控除を4割減の「3,000万円+600万円×3人=4,800万円」
に改定しようとしています。自宅や生命保険金の軽減措置の適用も
今後はかなり厳しくする方針です。

これからは、一般家庭の人にも相続税がかかる時代になるのではな
いかと危惧をしています。 (Y)

■関連News&Topics□□□━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「被災時から復興期における高齢者への段階的支援とその体制の
あり方の調査研究事業報告書」、富士通総研、2012年3月

http://jp.fujitsu.com/group/fri/report/elderly-health/2011support.html#footerinner

●「改正派遣法の懸念点と今後の課題」、Business Labor Trend、
2012.4

http://www.jil.go.jp/kokunai/blt/backnumber/2012/04/042-043.pdf

●「日本の高齢者の”七不思議” 中国人の目に映った日本の老
人たちの『なぜ』」、DIAMOND online、2012年4月20日

http://diamond.jp/articles/-/17526

●「一人暮らし高齢者・高齢者のみ世帯の生活課題とその支援方策
に関する調査研究報告書」、ニッセイ基礎研究所、2012年3月

http://www.nli-research.co.jp/report/misc/2012/p_repo120418-2.html

●「60代の就業に関する調査 データ集」、リクルートワークス研
究所、2012年4月18日

http://www.works-i.com/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=961&item_no=1&page_id=17&block_id=302

●「高齢者の社会貢献活動に関する研究―定量的分析と定性的分
析から―」、労働政策研究・研修機構

http://www.jil.go.jp/institute/reports/2012/0142.htm

●「中小企業における『高齢者雇用安定法』」への対応等について」、
大阪市信用金庫、2012年4月5日

http://www.osaka-shishin.co.jp/houjin/keiei/pdf/2012/2012-04-05.pdf

●「雇用と年金支給開始年齢の確実な接続のために ― 高年齢者等
の雇用の安定等に関する法律の一部を改正する法律案 ―」、参議院
厚生労働委員会調査室、立法と調査 2012.4 No.327

http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2012pdf/20120402022.pdf

●「高齢者の社会的孤立の防止に関する調査報告書」、東京市町村自
治調査会、2012年4月2日

http://www.tama-100.or.jp/contents_detail.php?co=new&frmId=66

●「団塊世代を中心としたシニア世代(1941 年-55 年)の生活・旅
行に関する意識調査」、JTB、2012年3月30日

http://www.jtbcorp.jp/scripts_hd/image_view.asp?menu=news&id=00001&news_no=1528

■つぶやき□□□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カンブリア宮殿の放送を見ながら、改めて、いまや高齢者雇用の世
界におけるマスコミの寵児となり、インフルエンサーとなった上田
副理事長の生き様に頭が下がる。当協議会を立ち上げる時に上田副
理事長に年齢を聞かれ、「50歳代後半」と答えると「まだガキだな」
と言われてはや3年。還暦を目前に控え、ガキを卒業するためにも、
シニアの知的プロフェッショナルの居場所づくりを急がないと、・・・。

■━━━ 高活協事務局<連絡先:info@jcasca.org> ━━━━■

本メルマガは、高齢者活躍支援協議会(JCASCA)の会員、及び会員
の方から配信のご紹介を頂いた方々、高活協として名刺を交換させ
て頂いた方々、さらには高活協宛に配信のご希望を頂いた方々等に
お送りしています。
配信先メールアドレスの変更をご希望の方、また配信が不要な方は
事務局宛<info@jcasca.org>にご連絡ください。

本メルマガに対するご意見・感想をお寄せください。

また、本メルマガに掲載して欲しい情報等のご要望がありましたら
遠慮なくご連絡ください。

本協議会のホームページ :http://www.jcasca.org/
本協議会のブログサイト :http://blog.livedoor.jp/jcasca/
本協議会のメルマガサイト:http://jcasca.tc-platform.com/

(編集:高活協 第三部会メルマガ編集者 芝原 靖典)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2012 高齢者活躍支援協議会 All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

欄外****************************

◇東日本大震災復興の情報支援サイト「復興日本」
 http://www.fukko-nippon.jp/

******************************

コメントする

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS