高齢者活躍支援協議会メルマガ2012年2月24日 号

コメント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆ 一般社団法人 高齢者活躍支援協議会 ◆◆◆◆
Japanese Council for Assisting Senior Citizens Activities

高活協JCASCAメールマガジン 2012/2/24号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ読者様

平素より、当協議会に対しご理解ご支援を賜り有難うございます。
高活協メールマガジンをお届けします。

高活協メルマガのバックナンバーは下記サイトでご覧いただけます。

http://jcasca.tc-platform.com/

┏━━━━┓
 目 次  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━━━┛
■高活協よりのお知らせ
■Blogアップのご案内
■コーナー「しなやかに老後を生きる」 ★新設コーナー★
■関連News&Topics
■つぶやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■高活協よりのお知らせ□□□━━━━━━━━━━━━━━━━

●本メルマガの読者の皆様へ
当協議会の第4回シンポジウムの企画にあたり、開催テーマ、基調
講演者、パネリスト等についてご要望がありましたらお聞かせくだ
さい。ご要望等は事務局宛<info@jcasca.org>にお寄せください。

※会員あるいは読者の方で、このメルマガで配信して欲しい案内等
がありましたら、事務局<info@jcasca.org>までご連絡下さい。

■Blogアップのご案内□□□━━━━━━━━━━━━━━━━

●2012年2月24日09:00 高活協ブログ「群像シルバーカラー」
に下記記事をアップしました。

高活協 小泉理事:「中高年女性の就業問題」

http://blog.livedoor.jp/jcasca/

※本ブログは高活協の理事会、会員、読者及び事務局メンバーのリ
レー執筆で行なっています。会員及び読者の皆様からの投稿をお待
ちしています。
投稿先:高活協事務局(E-mail:info@jcasca.org)

■コーナー「しなやかに老後を生きる」□□□━━━━━━━━━

第2回 私の生涯現役のイメージを変えた、82歳でも事業をしてい
るK氏

 知人の紹介で出会った元経営コンサルタントのK氏。82歳の現在
は自宅で不登校学生のサポート通信教育、短大との提携の保育士養
成通信教育のサポート、一般向けの生涯学習などを行っている。お
宅で開催された仏教の生涯学習的なセミナーにも参加させていただ
いたら、7・8名の中高年の方が来られていた。おなじみのメンバー
なのか皆さん楽しいそうに談笑されていた。K氏にとっても無理の
ないお仕事のスタイルのようだった。

 私も生涯現役で頑張るつもりやってきたが、どうも「仕事ができ
るのは70歳過ぎまで位かな」というイメージだった。自分自身が
80歳まで仕事ができるイメージが湧いていなかった。しかしK氏と
出会って、私と同じような社会人教育の分野の仕事をされているだ
けに、「やろうと思えば80歳まで仕事はできるんだな」という意識
と仕事のイメージが出てきて元気がでてきた。

 70代・80代になってもできる仕事のイメージだが、基本的には
雇われない形態で、独立自営のスタイルになるだろう。

70代・80代での仕事の仕方だが、特別の職人技もなければ技術
で食べていくのは難しかろう。サービス系の仕事分野で難しいの
は営業だ。どうして仕事をとるかだが、訪問営業や新規の開拓営
業は厳しいだろう。人脈営業も知り合いも少なくなり人脈自体が
枯れてくる。となると営業は法人対象というよりも個人対象で、
営業販売も受け身でも可能な分野があれば考えられる。店舗での
販売やサービス提供の仕事だろう。しかしもともと店舗を持って
いる人なら可能だが、これからとなると簡単ではない。

そこで考えられるのがK氏のような通信による教育や通信販売だ
ろう。インターネットを活用すればeラーニングとネットショッ
プになる。インターネットは行動力や人脈が落ちてきたシニアに
とっては有力なツールだ。心のしなやかさと柔軟性があれば若い
人を対象にしたビジネスも年齢に関係なく可能だろう。インター
ネットメディアはシニアにとっても便利なツールで生涯現役を続
ける武器である。

昨年よりK氏と一緒に新しい通信教育を企画している。仏教カウ
ンセリングをベースにした企画だが、82歳になっても新企画をや
ろういう気持ちの若さには勇気づけられる。(上田信一郎)

■関連News&Topics□□□━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「高齢社会で変わる消費行動」、大和総研ホールディングス、2012
年2月20日

http://www.dir.co.jp/publicity/column/120220.html

●「政治家や官僚や学者は高齢化社会と真正面から向き合うべき」、
DIAMOND online、2012年2月20日

http://diamond.jp/articles/-/16198

●「年配者は若者に「職」を譲るな 働かない市民への支出は繁栄
をもたらさない」、日経ビジネスONLINE、2012年2月17日

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120214/227180/?mlp&rt=nocnt

●「有期雇用改革のゆくえ―労政審分科会報告をどう評価するか」
、経済産業研究所、2012年2月14日

http://www.rieti.go.jp/jp/columns/a01_0338.html

●「高齢者が活きる時代―幸福な高齢社会への政策選択」、ニッセイ
基礎研究所、2012年1月31日

http://www.nli-research.co.jp/report/gerontology_journal/2011/gero11_015.html

■つぶやき□□□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大雪、厳寒も峠を超えつつある感じがする昨今となってきた。これ
からは三寒四温の時期である。毎年繰り返される自然の営みの流れ
の中で、地震と津波の傷跡は癒えず、原発事故はその実態も定かな
ず、まもなく、3.11を迎える。我々を何を思い、何をなすべきか。
衆愚となるか、衆知となるか、日本が問われている・・・。

■━━━ 高活協事務局<連絡先:info@jcasca.org> ━━━━■

本メルマガは、高齢者活躍支援協議会(JCASCA)の会員、及び会員
の方から配信のご紹介を頂いた方々、高活協として名刺を交換させ
て頂いた方々、さらには高活協宛に配信のご希望を頂いた方々等に
お送りしています。
配信先メールアドレスの変更をご希望の方、また配信が不要な方は
事務局宛<info@jcasca.org>にご連絡ください。

本メルマガに対するご意見・感想をお寄せください。

また、本メルマガに掲載して欲しい情報等のご要望がありましたら
遠慮なくご連絡ください。

本協議会のホームページ :http://www.jcasca.org/
本協議会のブログサイト :http://blog.livedoor.jp/jcasca/
本協議会のメルマガサイト:http://jcasca.tc-platform.com/

(編集:高活協 第三部会メルマガ編集者 芝原 靖典)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2012 高齢者活躍支援協議会 All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

欄外****************************

◇東日本大震災復興の情報支援サイト「復興日本」
 http://www.fukko-nippon.jp/

******************************

コメントする

WP Theme & Icons by N.Design Studio
Entries RSS Comments RSS